ストレスと肌の関係

美肌の大敵はいろいろありますが、ストレスは中でも厄介なものです。ストレスは自律神経の働きに悪影響を与え、内臓の働きを乱します。ストレスをため込むと体の不調を訴える人も多いですね。例えば、便秘になるとか、胃が痛むなどという現象は多くの人が経験したことがあるでしょう。

そして、典型的なストレスの表れ方は、内臓不調に伴う肌荒れです。吹き出物やニキビが出てくるなど、いろいろな肌トラブルを引き起こします。

ストレスを感じて生活していると、だんだんとホルモンのバランスが崩れてきます。ホルモンバランスが悪くなることで吹き出物が出たりもするのですが、他にもホルモンの影響でメラノサイトという成分が刺激されることになります。これはシミの原因になります。シミが出来たり、もともとあったシミが濃くなったりする可能性もあります。

ストレスをためない生活というのはなかなか難しいかもしれません。しかし、ストレスは美肌だけでなく、健康にも大敵ですから、上手に解消する方法が必要ですね。ストレスを解消するために、運動を日課にしたり、好きなことをする時間を取るなどして、肌を守るために息抜きするようにしたいものです。肌のトラブルの多くはストレスが原因であることも多いです。

ニキビ体質だとか、乾燥肌だと思っている人も多いと思いますが、もしかしたらそれはストレスが原因になって肌にトラブルを引き起こしているのかもしれません。ストレスのない環境に移ったら、あっという間にニキビや肌荒れが治ったという人もいます。現代生活はストレスとは切っても切り離せない関係ですが、上手に解消する方法を探して、肌を守りたいものですね。

この記事について

このページは、KAORIが2016年3月24日 05:29に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「抗酸化成分で肌を守る」です。

次の記事は「美肌になるためのライフスタイル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。