抗酸化成分で肌を守る

今注目を集めている美肌に効く成分に、抗酸化成分というものがあります。抗酸化成分は肌の酸化を防ぎ、老化を防いでくれる成分で、若々しくありたい女性にとって心強い存在になりそうです。人気のアンチエイジングもこの抗酸化を利用したものであるといえます。アンチエイジングを目指している人は、抗酸化作用のある化粧品などを選ぶといいですね。

では具体的にはどのような成分が抗酸化成分と言われているのでしょうか?まずはビタミンCがあります。ビタミンは肌をきれいに保つために欠かせない要素として知られていますが、抗酸素意外にもコラーゲンを増やしたり、美白効果などもあったりと、美肌を手に入れるためには非常に有効な成分なのです。ビタミンは摂取するのが基本ですが、肌から導入することもできます。ただ、肌への浸透力が弱いという弱点がありますから、ビタミンC誘導体を試してみるといいですね。

他にはカイネチンという成分が肌への抗酸化作用があると言われています。これは体の中で作られる成分で、細胞を活性酸素から守ってくれるという働きがあります。しかし、カイネチンの生産量は年齢と共に減少しますので、カイネチンを摂取することが必要になってきます。カイネチンの摂取により、シワを減らしたり、細胞を若返らせる効果があったりします。

実に様々な成分が抗酸素作用があることが分かってきています。化粧品を選ぶときにも抗酸素成分が入っているかどうか確かめて買うのがいいですね。普段からアンチエイジングを心がけて、抗酸素で肌を守っていきましょう!

この記事について

このページは、KAORIが2016年3月24日 05:27に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ヘッドマッサージで美しい髪へ導く」です。

次の記事は「ストレスと肌の関係」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。